虫歯を防ぐ魔法の液体

■虫歯とは?その原因は?

虫歯とは、細菌が糖を利用して酸を作りその酸で歯が溶けてしまう病気です。
糖は砂糖以外にも、ご飯やパンを始めその他にも多くの飲食物に含まれています。
虫歯になってしまうと、

 

・痛みのせいでご飯が食べられなくなる
・夜眠れなくなる
・放っておくと健康な歯にも悪影響を与える可能性がある。
・さらに放っておくと最終的には歯を抜かなくてはいけなくなる
・実は全身の病気にも影響する

 

など、様々な悪影響がでてしまいます。
虫歯の原因はプラーク(歯垢)です。
プラークはただの食べかすではなく、細菌の塊です。
先ほど、細菌が糖を利用して酸を作りその酸が歯を溶かすと言いましたが、プラークがこの細菌なんです。

 

虫歯を防ぐ魔法の液体

■魔法の液体で歯の健康を保ちましょう

実は誰でも食事の後は歯が少しだけ溶けてしまっています。
でも、そんな歯を修復してくれる便利な液体があるんです。
それは何かと言うと、「唾液」なんです!!

 

唾液の成分には、溶けてしまった歯の表面を再石灰化してくれる作用があります。
また、歯を溶かす原因となる酸を中和してくれる働きもあります。

 

そこで、食後に唾液を口の中で少し溜め、口の中全体に行き渡るようにしてやると虫歯や口臭の予防に効果が期待できます。
ま、ちょっと汚い感じですが、これで虫歯や口臭の予防に効果があるならいいんじゃないでしょうか?

 

タダだし、自分の唾液だし(笑)
どうしても食後に歯を磨けない場合など、参考にしてみて下さい。
虫歯を防ぐ魔法の液体

2分間のおむつ交換

子育てが大変と思っている方へ

 

一番楽な子育て法、お金が不要な子育てを教えます。
妻を助けるため、協力出来る家族を作るために作りました。

 

おじいちゃん、おばあちゃんでも出来ます。
これをマスターしなければ女性が苦しくなって子供を生まない。
少子化の原因になります。

 

初めての方、やったことがない方へ実際交換をする前に何度も読み返してイメージトレーニングしましょう。

 

実践で失敗する確率が低くなります。

 

虫歯を防ぐ魔法の液体

本編

■うんち、おしっこを確認
おしっこの場合
前の部分が膨らんだら交換です。
うんちの場合
またの部分をめくってうんちを確認します。

 

■おむつ交換準備
おしっこの場合は
新しいおむつを用意するだけです。
うんちの場合は

 

新しいおむつ
ティッシュ

水を入れる容器

 

を用意してから交換します。

 

■おむつ交換手順
おしっこの場合は脱がせて、はかせるだけです。
うんちの場合は容器に水を入れます。
ティッシュをぬらすためなので少しだけで良いです。
上向きに寝かせます。
おむつの左右テープを外します。
片手で両足の足首を持って上に上げます。
おむつを横に置きます。

 

虫歯を防ぐ魔法の液体

 

うんちをふき取る順番
おしり→お知りの穴→また
1枚目のティッシュでうんちをふき取ります。
2枚目のティッシュを水に濡らしてうんちをふき取ります。
3枚目のティッシュで水とうんちをふき取ります。
おむつの上にティッシュを乗せて丸めてテープで止めます。
うんちを踏んでしまわないように、テープで止めてからオムツをはかせます。
はかせる時は、立たせます。
オムツの前後ろを確認します。
テープが後ろです。
おなか周りの部分がよじれていないか確認します。
後は服を着せて完了です。
虫歯を防ぐ魔法の液体

■警告

泣いてももがいてもおむつ交換が優先です。
愛を持って交換が終わったら抱きしめてあげましょう。
オムツの交換まで何度も読んで準備しておいてください。
そして、やってみようと思ったら今すぐ、交換してあげましょう。

 

虫歯を防ぐ魔法の液体

おすすめリンク